BBS

41684
モルディブを愛する人も、知らなかったけど小説を読んでくれた人も、どうぞお気軽に足跡を‥
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - ユカMail

2013/09/28 (Sat) 23:06:33

ケロンパ様。最初にケロンパ様の小節に出会ったのはもう、9年程前になります。イヴの話ずっと続きを心待ちにしています。
更新が全然ないので、心配しています。ケロンパ様がただ、多忙なだけならいいのですが。
一度モルディブのことでメールをしたこともあり、一ファンというよりももう、お友だちというような心境で。もし、お元気でお過ごしならいいんです。ただ、現在どうされているのかが、気になりましたので。
早く続きを読める日を心待ちにしています。

拍手レス - ケロンパ(管理人)

2011/07/28 (Thu) 20:29:23

●紅子さん
いち早く読んでいただいて、いち早く感想くださりありがとうございます。

>こんな風に二人が過ごしてくれることを願っていました。

紅子さんは何ていってもこの小説をきっかけに舞台であるカンドゥルドゥまで足を運んで下さったお方。
紅子さんに気に入って頂けてケロンパも感無量です。
また島選びケロンパも混ぜ混ぜして下さいね♪
アーネルのファン同士、ジャーニーが来日したら一緒にライブ行きませう!

●はっちさま
>こんなに情感があって、官能的であり、それでいてどこか神聖な気配もあり、不思議で素敵な情事のシーンは読んだ事がありません。

…はっちさん…(かみかみ)←お言葉噛み締めている音。
くうぅ~~~~~~~~っ
数々のネット小説を読破し、オンライン小説の紹介サイトを運営されているはっちさんにそこまでのお言葉頂き、ケロンパ泣き崩れそうですわ。
そうなんです、ケロンパ38話ののラブシーンには気合入れたんですっ(鼻息)
読んでくださってありがとう。そして共感してくださりとても嬉しいです。
はっち様のサイトで『イヴの接吻』をご紹介頂いてから既に三年の歳月が…。その名誉に泥を塗らないようこれからも綴ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

●他にも拍手下さった読者の皆様ありがとうございます。
ケロンパの執筆意欲の源です。

現実は小説より奇なり by.ケロンパ - ケロンパ(管理人)

2011/07/21 (Thu) 23:20:55

アジアの片隅に歌の得意な少年がいました。
彼はお母さんが喜ぶからと、よく田舎町が主催する喉自慢に出ていました。
本当はすごく恥ずかしかったけど、お母さんが嬉しそうなので少年は舞台に上がった。
フィリピンの裕福ではない家庭。
だけど仕立て屋を営んでいたので、晴れ舞台には必ずお母さんが服を作ってくれた。
ある日お母さんは病気になった。
医療が発達していない国。たいした病ではないはずなのに、大好きなお母さんは助からなかった。
少年の家は離散した。彼は住むとこさえなく、公園に寝泊りし、食べ物さえ拾うような日々。
でも決して諦めなかった事、それは歌うこと。
ただそれだけが彼の生きる希望、それを教えてくれたお母さんを忘れないように…彼は歌い続けた。
大人になり酒場の片隅で、往年のロックスターの曲を歌う。客の喧騒の隙間に流れるジュークボックス代わり。でも歌が歌える。好きな歌が。

「ユーチューブで君の歌声を聞いた。ウチのボーカルになってくれないか」

唐突に届いたメール。いつも彼が好んで歌っていたバンドの名でそれは届いた。
悪い冗談だと思った。相手にしてなどいられない。
でも友人が真剣な顔でこう忠告する。
「本当だったら信じられないビッグチャンスだ」
そんなことあるわけがない。あるわけがないじゃないか。
少年は夢を見るには既に若くはない年になっていた。
青春時代、擦り切れるほど聞いたレコード。
憧れ、このバンドのボーカリストそっくりに歌い上げる術を身につけていた。
そのボーカルは既にバンドからは去っていたが、ファンは皆いまだにあの歌声を求めている。
そんなことは同じファンなのだからわかってはいる…だけど…まさか。

意を決して飛行機に乗り込む。入国の審査員に渡米の目的を聞かれた。
「ジャーニーのボーカルになるために」彼は答えた。
入国審査員はジャーニーのファンだった。
「じゃあ、一曲歌ってみな」 きっと冗談のつもりだった。
でも彼は躊躇せずに歌った。空港に響く歌声に周りの皆が何事かと視線を集める。

酔っ払いが集う場末のバーで歌っていたのはほんの数ヶ月前。
今、彼、アーネル・ピネダは数万人の聴衆を前にマイクを握る。
本物のジャーニーのメンバーの奏でる音に囲まれて。
曲は「Dont stop believin 」信じることを諦めるな。
擦り切れるほどに聴いた、あのレコードの曲を…


★ジャーニーといえばやはりまずはこの名曲「Separate ways」。
アーネルの迫力あるボーカルを堪能ください。
大スター、ペリーに勝らずとも劣らない歌声をごらんあれ。
http://www.youtube.com/watch?v=Lk0-Jk3S6P0

★同じ曲をジャーニーに抜擢される前のアーネルがフィリピンの小さなバーで歌っています。
これらユーチューブの映像をジャーニーのメンバーであるニール・ショーンが偶然目にする。
http://www.youtube.com/watch?v=3GhrafDAaDA&feature=related


いつかこれを題材に小説を書きたい。
アーネル、カッコいいよ。
でもアメリカの大物バンドが実力重視でアジア人を抜擢した壁のなさにも拍手!
アーネルも40歳と遅咲きだけど(本当に40か?25歳くらいに見える:汗)
周りの本ちゃんメンバーは既に爺さんに片足つっこんいるお年頃。
でも超上手い!超クール!いやんカッコいい不良中年!
さすがオーラが違う。
既に『あの昔のバンド』と言われたジャーニーはアーネルを迎え発売したCD『Revelation』で全米のヒットチャートを駆け抜けた。
メンバーはこう口にする
『アーネルは俺達にとって、足りなかったパズルの1枚だ』

今更だけど、新しいジャーニーに夢中のケロンパ。

遅れながら拍手レス - ケロンパ(管理人)

2011/07/21 (Thu) 21:56:03

●6/23
『久しぶりに訪問しましたら、イヴの接吻がアップされていて嬉しかったです♪』の方。

はい、恐ろしく更新遅くて申し訳ありません。
なのに気づいていただき嬉しいです。
次はほぼ書きあがりました。
もう少しだけお時間頂きますが、またよろしくお願い致します。
足跡ありがとうございます。励みにします!

●6/29
『「レオン」私も好きです!』の方

拍手に忍ばせた映画レオンのその後(これって二次創作ってやつ?)に気付いて頂きありがとうございます。
マチルダにこうなって欲しかったという勝手な思い込みをしたためたものです。ケロンパの妄想に共感してくださりありがとうございました。

感想メールレス - ケロンパ(管理人)

2011/06/15 (Wed) 21:09:24

●6/12メールくださった、たぶな様

感想ありがたく拝読しました。
いつかきっと恋人と一緒にあおいぜりーの海へ訪ねてみたいとお言葉頂き、嬉しかったです。
現実の島々は小説の描写などはるかに上回る神の領域でございます。
是非、愛する方とお出かけくださいね。
行きました♪報告をいただける日をケロンパ何年でもお待ちしております。
それまでは南国恋愛小説で疑似体験をお楽しみくださいね。
お気に入りの小説の感想などございましたら、またお声をかけてくださいませ。


拍手レス - ケロンパ(管理人)

2011/05/22 (Sun) 13:00:09

●5/20/PM22:55『あおいゼリー』にたどり着いて2週間…の方
ケロンパの小説をきっかけに、モルディブに興味を持っていただき嬉しいです。
アイランドジャンキーに陥る媚薬を、小説のあちこちに忍ばせております(笑)
熱病を癒す薬は、そう、あの楽園へと旅立つこと。
それまではしばしあおいぜりーの言葉の海に浸ってくださいませ。

拍手レス&リンク追加 - ケロンパ(管理人)

2011/05/08 (Sun) 10:16:20

8ヶ月ぶりの更新にもかかわらず、拍手コメント頂けてすごく嬉しいです(涙)読んでくださってありがとう。
次はもっと早く更新できるかと思います。
以下拍手レスです。

●5/7/PM14:32 はっちさま
わわっ、はっちさんだ~。お久しぶりです。感想頂けて光栄です。そうなんです、今回の輪廻は愛の逃避行なんです。
何だかなれないジャンルに手を出してしまい作者自身四苦八苦ですが、進めていきます。お言葉色々、励みにしますね。ありがとうございます。

●5/7PM22:10 「全てのお話を夢中で読んでしまいました…」の方。
こんな素人小説を、ちゃんと読んでくださりありがとうございます。見捨てずに更新に気づいてくださりありがとうございます。読んでくださる方が居るというのだけが筆を進めていく活力でございます。コメント心に刻みます!

*********************************************************
イヴの接吻の舞台のひとつにベネチアがありますが、
イメージを探しネットサーフィンしていたら
最高に素敵なサイト様にめぐり合いました。
「ベネチア個人旅行ガイド」
http://1st.geocities.jp/takalifetakalife/index.html
●管理人TAKAさんが案内してくださる魅惑の都市ベネチアの詳細。ベネチアはイヴの接吻の舞台にも使われていますが、とても参考になります。それになんといても写真が抜群に素敵!色彩になんともいえない味があるのです。
こちらの写真を拝見していると音楽に耳を傾けるような、魅惑の映画を眺めるような、不思議な世界に引き込まれます。
皆様、是非、物語と重ね合わせてベネチアの街を堪能してください!
*********************************************************

良いお年を - マークMail URL

2010/12/31 (Fri) 15:27:04

長らくご無沙汰です。
色々大変で今年は旅行にいけなかったんです。
また行けるようになりたいです。
HPのアドがちょっと変わったのでご連絡です。
変更お願い致します。
来年も宜しくです。
良いお年を!

遅レスで申し訳ありません - ケロンパ(管理人)

2011/01/11 (Tue) 23:51:24

ご挨拶を頂いていたのに気が付かないままで失礼いたしました!
こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。
HPアドレスの変更承りました。
週末にでも作業いたします。
お仕事、お忙しそうですねマークさん。
また南の島で癒される日々をお互い夢見ましょうね!

行ってみたい・・ - フジヤマ サクラ

2010/11/28 (Sun) 22:10:13

今までは行ったことがあるリゾートばかり読んでいて、そのリゾートを懐かしく思い出していましたが、今回まだ行っていないココアを読んでみて、行ってみたくなりました。小説を通じて、リゾート選びっていうのもアリですね!

Re: 行ってみたい・・ - ケロンパ(ケロンパ)

2010/11/29 (Mon) 08:33:42

先日も足跡いただいていたのに、お返事しないままでごめんなさいっ
ココア読んでくれてありがとう。
HP名と同じタイトルをつけた、ケロンパにとって思い入れの深い作品です。
サクラさんに読んで貰えて嬉しいわ。

サクラさんほどのアイランドジャンキーでも、リゾートはいくらでもあるので未知の領域は残っているのね。
どんどんリニューアルして変わっちゃうから、以前訪ねた島もまったく異なるリゾートに変身してたりするから、きりがないですわね。

その時代の波に置いていかれちゃった過去のリゾート小説もありますが、
昔ながらのモルディブファンには耳に馴染んだリゾートばかりですので、
行った事のないリゾートも楽しんでくだ
さいね♪

欲求不満?? - フジヤマ サクラ

2010/11/21 (Sun) 22:27:38

ヴァドゥの意外な展開にびっくり! 私もあんな素敵なビーチで指輪もらってプロポーズされて、いちゃいちゃしたいわぁ・・。

モルディブ病発病中・・ - フジヤマ サクラ

2010/11/15 (Mon) 23:04:55

ご無沙汰しております・・。
毎日1つずつ読もうと楽しみにしていましたが、何やら最近は夜遅くなってしまうことが多くて、なかなか思うようには読めませんが、ゆっくりと楽しませていただきます。
モルディブを舞台にした小説だなんて、よく思いつきましたよね。素敵です。ケロンパさんの小説を読み始めてまだ間もないですが、モルディブに行きたくてしょうがない衝動にかられます・・・。それぞれのお話をその島のビーチで読めたら、素敵ですね!

アイランドジャンキー - ケロンパ(管理人)

2010/11/16 (Tue) 23:48:27

>モルディブに行きたくてしょうがない衝動にかられます・

まさにアイランドジャンキー症候群ですわね(にやり)

>それぞれのお話をその島のビーチで読めたら、素敵ですね!

わぁ、本当に素敵。
どこでもドアの代わりに、小説を読んで、せめて行った気分をカミカミ(←噛み締めている音)してください。
あぁ、でも本当に行けたらいいのに!
その想像力を盛り上げるために小説の最後にリンクしている島のアルバムも楽しんでくださいね。

でもきっと、沢山の島々を巡っているサクラ様には、よりリアルに島の情景を思い浮かべていただけるのでしょう。
また行かれると噂を耳にしましたよ♪
どの島を選ばれるのか…発表を楽しみにしていますね!

無題 - フジヤマ サクラ

2010/11/03 (Wed) 00:06:47

今日は何を読もうかと迷いましたが、今年行ったバンドスにしました。という風に、リゾート名で決めてます。
美咲がリキと寝たあとに言った「きっと私たち同じこと考えてる」って、私は美咲とリキが2人でバンドスに行くのかと思っちゃいました。なるほど、そういう展開か・・と驚きました。
リクエストなんですが、モルディブの全リゾートで書いてみるというのは、いかがですか?多分今は100近いリゾートがあるので、かなりキツそうですが・・。

バンドス - ケロンパ(管理人)

2010/11/03 (Wed) 22:11:05

老舗のバンドス。やはり一度は行ってみたいですね。

>私は美咲とリキが2人でバンドスに行くのかと思っちゃいました。

はっ。考えても見なかったですわその展開!
やはり人それぞれ視点が違い面白いですわね。

>100近いリゾートがあるので、かなりキツそうですが・・。

ええ、しかも縁もゆかりもないセレブなリゾートばかりで、自分の中のモルディブと重ならないのです。
物語の舞台にした島を振り返ると、今はリニューアルしたり経営が変わったり、随分と様子が違ってしまった島も多いように感じます。時代の流れに取り残されちゃいますわね。

とりあえず今書いている長編を仕上げてから、また他の島を物語を綴りながら巡ってみるのもいいですわね。

サクラさん、ご自分が訪問された島のお話から読んでくださっているのですね。じゃあ、次はアンガガ、ミリヒ、マクヌドゥ、エリヤドゥあたりでしょうか(一体何島行ってるの?汗)懐かしく思い出してくださったら嬉しいですわ。

すご~い! - ふじやま さくら

2010/10/31 (Sun) 23:28:38

初めて読ませていただきましたぁ。
今日は「ブルー BLUE」を。
行ったことがあるリゾートが舞台になっていると、
読みながら、島の風景が物語と重なって、
すごく身近に感じます。
おもしろかったです!
また別の小説も読ませていただきます。
楽しみです!

おおお、リアルに返信 - ケロンパ(管理人)

2010/10/31 (Sun) 23:41:52

こんばんは、ふじやまさくら様。
大、大歓迎ですわ。

モルディブで暮らしていたことすらあるさくらさんに読んでいただき、嬉しいです♪
日本での忙しい日々に、ふとモルディブの風を感じたいときにはいつでもいらしてくださいませ。
10分程度で読める短編も沢山ありますので、ひと時南国へトリップしてくださいね。

ご訪問とBBSへ足跡つけてくださり、感謝感謝です。
ありがとう!

お帰りなさい! - ネコ

2010/10/16 (Sat) 21:18:04

ケロンパさん
お帰りなさい!今回のリーティ、お天気に恵まれた上に
マンタも見ることができて最高の滞在になったようで良かったです。
ヒロさんやミユキさんはお元気でしたか?
改装後のリーティの様子なども気になります。
もしリーティの旅行記か写真をアップする予定でしたら、ぜひ拝見させてくださいね。
でもまずはお帰りになられたばかりですしゆっくりお休みして、疲れをとってくださいね。

Re: お帰りなさい! - ケロンパ(管理人)

2010/10/18 (Mon) 22:45:06

ネコさん、こちらにも立ち寄ってくださりありがとうございます。リーティーの詳細はそちらのほうのBBSでお話しましたが、まだふわふわと余韻が残っております。
月曜から思いっきり残業となってよれよれになって帰ってきましたが、それでもまだニヤニヤ。
今回の旅行に関しては色々と教えていただき本当に助かりました。ありがとうございます!

拍手レス - ケロンパ(ケロンパ)

2010/10/09 (Sat) 12:32:50

10/9-01:10●天上の楽園ほか…の方
心のこもった拍手ありがとうございます。成田からモルディブへフライトする一時間前の空港ロビーで、メッセージ拝見しました。
三年も通って下さっているとお言葉を頂き、とても嬉しいです。
最近は仕事の忙しさにすっかり更新も滞りがちですが、久し振りの楽園の風に包まれて、創作意欲に刺激を与えたいと思います。
いつか「いよいよ旅立つ事となりました。大好きな人と♪」と、メッセージ頂ける日を心待にしております。
それまでは楽園恋愛小説で、最高の彼と出掛けたつもりを楽しんで下さいませ。

ではでは、ケロンパも素敵な読者さまのメッセージに背中を押してもらい、すがすがしい気分で旅立ってまいります。
ではでは、行って参ります♪


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.